郷土史を楽しむ会 特別講座のご案内

太伯(たいはく)と大伯(おおく) について西大寺在住の丸谷さんに話しをしていただくことになりました。

太伯と邪馬台国 『倭人は太伯の子孫説』の紹介
 
 「古代から太伯の地名はあった。邑久の古字に倣って大伯に点を打ち、太伯となったのではないと異説。」
  地名学が専門であり、文献等を調査し詳細に調べています。急ですが実施したいと思います。
  多数の方が出席していただく、お願いします。

                    記

  日時    3月27日(木) 10:00~   
  場所    山南公民館 ロビー   応接セットの所
  資料代  100円
   出欠   出席できる方、連絡よろしく。
  
追伸  辻野喬雄さん他、郷土史以外の方にも連絡し、呼びかけたいと思います。他に興味ある方に呼びかけしていただければ幸いです。 
参加申込が必要です。
岡山市立山南公民館  
〒704-8132 岡山市東区邑久郷688  電話&FAX 086-946-8165
E-mail sannankouminkan@city.okayama.jp

1件のコメント


  1. //

    コピー代 100円で2時間楽しめます。
    水戸黄門の大日本史についても話します。
    歴史学と地名学の違い等、「、」の有無。大か太の違い。

    太伯という地名が吉備国で一番大切な地名であるが、歴史研究者に無視されてきたという事実についても話します。

    ぜひ、参加申込のお電話を岡山市立山南公民館へ
    電話&FAX 086-946-8165
    E-mail sannankouminkan@city.okayama.jp

Comments are closed.