障子貼り

障子貼り現代版
障子貼り現代版

町内会会館の障子貼りが有志の方を集めて行われました。伝統的なこの行事を如何に捌いていくか大変なことかと思っていたが、昔懐かしと思われたのか意外と参加者があって楽しい一日となった。 一枚ものの障子紙を広げて、障子の上下方向に貼りつける作業です。一寸馴れない作業風景ながら、ご参考に写真で紹介します。

5件のコメント


  1. //

    障子を洗い、糊をつけ、皆であれこれ言いながら、の作業が手に取るように窺がえます。真っ白になった障子で、部屋も明るくなります。共同作業で心も明るくなったでしょうね・・・


  2. //

    「・・・皆であれこれ言いながら・・・」ご想像の通りです。
    「障子の張り替えで部屋が明るくなった」皆さんも同様に言っていました。
    何か作業に集うことでコミュニケーションが図れる・・実感です。


  3. //

    障子の張替・・。昨年からの我が家の課題です。
    今年は・・・はい!・・します。
    気持良くなり心も晴ればれしますもの・・。
    さて!いつ取りかかろうか・・これがモンダイなのです。


  4. //

    助手さんが一人いたらいいですね。
    最初貼り替え前の紙を充分濡らしてから剥ぎとらないと綺麗にするのに時間がかかってしまいます。
    toriさん頑張って・・!


  5. //

    観音院でも今年は張替えの年です。女性部(みなたる会)のメンバーが10月26日~29日で張替えします。みごとですよ!会陽500周年に向けて今年は特に心こめて貼らなくてはと思っています。お手伝いして頂ける方がありましたら観音院へ申し込んでください。

Comments are closed.